読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無精子症夫と挑む不妊治療~妻記~

無精子症であることが発覚した夫と私の不妊治療記録です。ほぼ私の記録です

スタートラインに立つまで

初診時、どのタイミングで受診すればいいのかわからなかったので、とりあえず7月の生理が終わった段階で(直後)受診しました。

7/16に生理がきて、初診は7/30。その時は男性医師でした。

内診の時に器具でお腹をぐりぐりされながら「ちゃんと卵ありますね~わかります?」と言われ

(痛くないけど中からぐりぐりされると力が抜ける。ふ、ふぁいと返事した)

セミナーの前後にまた来てください。それはセミナーの時にまた話しましょう。ともいわれました。

初診の時、私は卵年齢を調べます、と血液検査を(2本も抜かれた!たぶん)

そして夫は精子の運動量などを調べるため精子検査の説明を受けていました。

その日は取らず、私が次回受診するまでに院内の精索室で取るように言われていました。

 

しかしセミナーでは培養士さんの話のみで医師はどこにもおらず

セミナー後の質問時にそのことを告げると

「そんなこと言われました?おかしいですね。ここでは予約できませんので」

と言われるばかり

培養士の方にしつこく質問すると、どうやら次の生理が始まる前に排卵できたかの確認のため受診する必要があったそうで

そんなことあの医者全然説しなかったし、セミナーのことしか言わなかったし!

ちょうど8/16に既に生理がきた後だったので、また延びるの?とガッカリしました。

 

余談ですが、私は基本的に整理が順調なほうではなく

下手すると1ヵ月半(46日とかあった)こないこともしばしばありました。

以前別の婦人科を受診した際

太りすぎ、痩せすぎの場合は不順になるよ、と言われていたので

良く言えばぽっちゃり、旦那に言わせればデブの私は必然的に遅れる運命にあります。

それぞれにとって生理が順調に来るのがベスト体重とも言われたことがあります。

あと何キロ痩せれば。。。と思ったことも事実です

 

とにかくなかなか生理周期が読めないので困りました。

一応2年に亘って基礎体温はつけていたので、排卵日はなんとなく把握できました。

それでもただ闇雲に基礎体温を測っていただけなので、高温期がどうとか

そういった知識がほとんどなく(笑)

ネットで調べて、体温がガクッと下がってから一週間ほどが排卵終了ということを初めて知りました。

生理きちゃったら困るしなーときっちり一週間後の9/6(火)に診察

 

既に排卵は終わってるだろうと思っていたのに、内診しながら医師が

排卵始まったばっかりだね~。これがキレイに出てないと卵育てられないから、また次回来てください」

えっ!体温下がって一週間経ったのに?予定が立たずまたガッカリ

カレンダー見ながら、9/10(土)か12(月)かな?(日曜はお休みなので)と提示され

でもこの調子だとまだ排卵終わってない、と何度も受診するのは苦痛なので

とりあえず後者の月曜を選択

18時に来れる?と聞かれ、18時ギリギリ過ぎると思いますと難しいアピール

(だって帰りの電車が最寄り駅に到着するのが17:45だし、そこから病院まで歩きで20分かかるし!)

じゃあ18:30には来れる?その時間なら確実です、と次回予約を先生で取ってもらった

次に検査結果の説明。まずは夫から(この日の受診は私だけでした)

医師の手元にはそのデータ結果があるので、それを元に説明

…と思ったら全く結果についての説明ありませんでした。

「う~ん、ちょっと少ないね。顕微授精でしょう」

いや、それ初診の時に聞いたし。

ていうか泌尿器科からそういった紹介状もらってるでしょ?とポカーン

「凍結しましょう。受付でカップもらってください。あとはまた説明しますんで」

え、凍結?精子を凍結するの?なんで?と

私の結果について先生の手元にしかないので、それを見ながら医師がなんか言うんですが

「卵には問題なかったです。え~ちょっと〇〇の数値が高いかな?

おっぱいが張ってお乳(母乳)が出るとかある?」

えっなにそれ!ないないないないないそんなのなったことない!

ていうか妊娠してなくても母乳出るの?

え?どういうこと?それって大変なことなの?

と思いっきり不安になりました。

しかし医師は相変わらず結果を見ながら

「ま、非常に高いわけでもなくちょっと高いだけだから、投薬するほどでもないでしょう。問題ないです」

と私の目も見ずにさっさとあらゆる結果を事務的に説明して終了

夫の状態についてもデータ結果をもらったものの、この数値が一体何を示しているのか全く謎

その後凍結について説明があるので、と看護師さん(培養士さんだったのかも)から採血・注射ルームで説明

その時に初めて「採卵時には必ず精子が必要で当日の朝持参してもらうが、

少ない人の場合は当日精子がなかったら困るので、予備として凍結しておく」

と説明を受けました。

ていうかその説明医師がするべきでは。。。

そして精子凍結も完全予約制で、しかも平日9時~10時しかできないと

え~午前中休むの?休みづらい!

今だと早くて9/8(木)、9(金)どっちがいいですか?と

精子凍結だし夫に直接行かせようと思いました。

しかしほとんど妻が持参するようで、

「ご主人が来ることはあっても夫婦一緒に来られるので男性が来られることはまずないですよ」と

思いっきり「女性が持参しろよ」と強制されている気がしました。

とりあえず夫に聞いてみます、と退室

夫に電話すると「無理無理休めない!俺は絶対無理やから!」の一点張りで

電話でのケンカが始まりました。院内で。けっこう激しく

結局激しい争いの末「もういい!」とブチ切れた私が9/9に持参することになりました。

後から思うに、私の性格を熟知している夫が私の「もういい!」を待っていたんだと思います(笑)

先ほどの部屋に戻って凍結の予約をし、スケジュールの確認

私の次回診察の確認もされましたが「18時ですね」と

いや、さっきその時間は無理と伝えたら18:30までに入ればいいと先生に言われましたが

するとその看護師さん、確実にハンッと鼻で笑い「先生は知らないんですよ」と一言

病院内の事務連絡ちゃんとしとけやーーーーーーーーーーー!!

医師との軋轢を患者に強いるなーーーーーーー!!

でも30分ごとに予約できますよね?18時は無理ですから

するとその女、じゃあその日は無理ですねー別の日にしますかと。。。

その後多少のバトルの末、結局18時までに間に合わなければ連絡することを約束させられました

絶対無理なので遅れてやろうかと思いましたが、そうすると報復にあう可能性が極めて高い(連絡くださいって言いましたよね?当日予約扱いなので最後になりますとか言われる)ので、どうやって5分縮められるかばかり考えていました。

 

とりあえず次回は精子凍結。会社への言い訳どうしようかなーと気が重かったです