無精子症夫と挑む不妊治療~妻記~

無精子症であることが発覚した夫と私の不妊治療記録です。ほぼ私の記録です

ゴム輪結紮術

がっつりお尻の話題です。

痔の治療の話です。閲覧注意です。

タイトルは、痔をゴムで縛って壊死(?)させる方法の正式術名みたいです。

 

 

 

11/29 とうとうゴムをかけに行ってきました!

受付締め時間ギリギリに駆け込み、待つこと1時間。

「じゃあ、今日からイボにゴムをかけて取っていきましょう」という先生の言葉と共に施術スタート

内痔なので痛くないそうです。

痛くないと聞いていたので特に何も調べもせず。

時間も短いと聞いていたのでぼんやり待っていたのですが

怖がることないからね、と胡散臭い言葉をかけられて、

え、なんか痛い場面があるのかしら…と逆に色々考え、だんだん心配になってきました。

お尻チェック時独特のポーズで待っていると、先生が声をかけながら内診していきます。

見えないので掛け声大事です。

最初に「ここは痛くない?」と聞かれた部分があるのですが(入り口すぐのところ)

違和感はあったものの、「特に痛くないです」と返答。

「じゃあまずこれね、輪をかけて行きますからね。

2つ目する場合は2週間空けないといけないから。今日は1つだけね」

と説明しながら(おそらく)一つ目をチェック

じゃあまず引っ張りますよーと聞こえ、

えっ!待って!引っ張るって何??どどどどどーゆうこと??とドキドキしていると

なんか引っ張られる感覚と共に走る激痛

声が出るほどではなかったけど、痛い!

「あーこれ痛いね。ちょっと〇〇痛いね」

↑突然の痛みに対処できず耐えるしかなかったので覚えてません。

で、痛いと人間どうするか。反応というのでしょうか

お尻ががギューっと締まるわけですね。

色々説明(?)しながらやってた先生も突然入り口が締まって慌てたのか、

「ああーちょ、ちょっと待ってね。すぐゴムかけるから。これだけ待ってね、急いでやっちゃおう」

ていうか余計なおしゃべりせずにとっとと終わらせてー!そこそこ痛いんだから!!

はーはーなりながら、でも痛いからお尻締めるのは止まらないし

どうにもできないポーズで耐え忍ぶ数秒。

「はい、はまりましたよーこれでだいぶ楽になっていくからね」

と、まだ横になっている私の背中をポンポンと叩きました。(施術用手袋はもちろん外した後です)

ぜーはーなっているので、「は、はい…」としか答えられず。

一瞬の痛みだったのですが、そこそこ痛かったので衝撃でした。

下着をつけるので座ったり立ったりしてる間、なんとなくお尻に違和感はありましたが

既に痛みは過去のものでした。

隣の部屋でもう一度「こういった施術をした」という説明を簡単に受け終了。

この先生とにかく早口で、患者さんがたくさん来るせいか患者さばきが早すぎて。

ハイ、ハイ、ハイ!という感じで、あれよあれよと移動して終わってしまします。

結局コートを着たりしながら少し説明があって、椅子に座っていたのはものの7、8秒ほどでした。

イボがだんだんちっちゃくなってすぐ終わりですよ、じゃお大事に!と言われるまま終了。

早口でまくし立てる先生の説明を聞き、以上!という感じで立たされ

看護師さんの「お大事に」に退出を促されて「あ、ありがとうございました…」と出て行かざるをえません。

1時間の待ち時間に対して、説明も含めた施術は5分ほどでした。

まー施術が早いってことはうまい先生なのかな?

痔の軟膏はまだある?と聞かれ、

(本当は1日2回のところをタイミングがわからず1日1回しか使用していないので)

まだあります、と答えると「じゃそれ続けて使って。なくなったらまた言って」

と言われたのでこの日は薬の処方もなし。

こんなあっけなく終わっていいんだろうか…

でも、これで年に数回ある激痛とサヨナラできるなら心が軽いわ~とルンルンで帰路に着きました。

こんなに痛みも少なく(瞬間結構痛かったけど)イボさんがなくなるなら、

こりゃ不妊治療と平行できるかも?

移植した時はさすがに怖いので採卵前とかの時期限定ですけど

しかし、歩きながらも止まらないお尻の違和感。

そりゃゴム止めてるんだから違和感はしょうがないんでしょうが

ずっと座薬入れてるみたいな。

なのでトイレに行きたくて仕方ありませんでした。

 

帰宅してすぐトイレへ直行

いきむと良くないかな?と思い、自然に降りてくるのを待ちました

…が、便意はあるのに全然下りてこない。

だんだんお尻が痛くなってきました。

ちょっと腹筋に力を入れると、お尻がどんどん激痛になってきました。

これは…ヤバイのでは?もしや、施術後トイレはだめだったのか?

でも先生何も言わなかったし。言わなかったということは何をしても良いということじゃないの?

と、あれこれ考えながらトイレで格闘していました。

一番危惧していたのは、いきむことでゴムの部分が出て来るのではないかということでした。

そんなことになれば、また明日行かないといけない。それは嫌。

なのでゆっくり力をかけたりかけなかったり。

まるで便秘のすごく固いのと格闘している時の気分でした。

でも全然出ないし。でもすごく出したいし。しょうがないので力をいれてみました

すると、お尻に走る激痛!

しまった!ゴムの部分が下(神経の部分)に下りてきてしまった!と思いました。

これから再度あの激痛と共存することになってしまった!

とトイレで後悔の嵐です。

すんごい痛い。切れたのかな?と思いましたが今までの切れ痔よりもずっと痛い。

何が起きてるかはわかりませんが、確実に私の肛門には何かが起きています。

どんなに頑張っても少ししか出ないので、この日はあきらめました。

 

痔に悩んでる人ならわかって頂けるかと思いますが、いきむと中から出て来ちゃうんですよね。

それが出てしまうと、手で押し込まないといけません。

それを押し込むのがものすごく激痛で、この点でもいつもと違うことに焦りを感じていました。

どうしようどうしよう…痛い…

今日は施術当日だったので痛いのかも。明日になれば徐々に痛みは軽減していくのかも

切れ痔だったら痛みは徐々に緩和していくし、そんなものかもしれない

あとは下りてきたであろうものを上に引き上げるイメージで、

腹筋に力を入れて肛門をひたすら締めるトレーニングをしていました。

でもお尻を締めれば締めるほど痛い。

どうすることもできないので、上に引き上げるしかないだろうと頑張りました。

ふと痔の時は温めると良いと聞いたので、その日は湯船につかることに

すると夫が「血液の循環が良くなって、血がどんどん溜まったらイボ大きくなるんじゃないか」

とか言うもんだから、ドキーッ!としてすぐさま湯船から立ち上がりました。

もう何をすれば良いのかわからない…

 

何で痛いんだろう?何が悪かったんだろう?

ネットで色々調べてみましたが、

「ゴム輪でしばる方法は痛みがありません」

「内痔の施術は痛くないことがほとんどです」

という言葉に行き着くばかり。私の症状はどこにも出てきません。

もうこれはゴム部分降下症状としか考えられない…

ひどくなったら病院に行こう。

あ、でも翌日は先生の事情で受付締め時間が早まるから(間に合わない)行けないんだった。

しかもその翌日は休診日だからさらに行けない

え、受診できるのは12/2しかない!?

それに気付いてドキドキが止まりませんでした。

どうなる私のお尻…

広告を非表示にする