無精子症夫と挑む不妊治療~妻記~

無精子症であることが発覚した夫と私の不妊治療記録です。ほぼ私の記録です

卵巣の腫れ

11/23 唐突に生理がきました

正直今回は生理ないだろうと思っていました。

今までもいきなり生理がこなかったことがあったので。。。

ここ最近私の生理周期は30~31日くらい

あら、きたわ。と手帳を確認するときっちり1ヶ月経ってました。

よかった…あの卵は排卵されたのかしら?遅れて排卵とかあるの?

とりあえず生理が来たのが祝日だったので、もう翌日しかない!

 

で、11/24急遽受診

内診してもらったところ、画像を見たら

やっぱり子宮内に何かある。

そして前回の卵?かは不明ですがブラックホールが残っているのが見えました

多分前回排卵し損ねた卵かな?

これって来月ちゃんと排卵されるんだろうか?

先生がサイズ測ってましたが、

まだブラックホールが見えたことに衝撃を受けてしまい確認し漏れました。

ただこのブラックホールが映された時、エコーは左を診ていたような?

確か前回は右の卵巣から排卵し損ねたと聞いた気がするんですけど

すると、今日診てくれた先生

「前回移植前の検診で右の卵巣がちょっとまだ腫れてるってことでしたね

う~ん…今回もまだ腫れてるなぁ。様子見したほうが良いかもね

詳しくはまたあとで説明しますね」と終了

あれ?卵が排卵されてなかったことが原因なのでは?

卵巣がまだ腫れてることが原因だったの?

よくわからない…

 

先生からの説明は「卵巣が腫れていたので移植見送りだったけど

生理の段階でもまだ腫れてるなら、今回も見送ったほうが良い」ということ

卵巣が腫れているとよくないホルモンが出るんだそう

よくないホルモンて何??

今から考えると質問したいこといっぱい出て来るんですけど

今月も移植見送りということがショックで、質問事項すら浮かびませんでした

採卵するとそんなに腫れるんだ…

もう36も近いし、回復力が落ちてるのかな?

「生理が来ると女性の体はリセットされるので

結局次の生理を待つしかないんです。

でも次のまで待つとなるとまた具合が悪いので

今回は強制的に早めに生理が来る方法を取りましょう」

つまり、薬を使って次回の生理を3週間後くらいに到来させるそう

今日は生理2日目。生理痛もだんだんひどくなる時間帯です

すると、こんな痛い生理を人工的に半月くらいで再到来させるの?

ということにまず拒否反応

そして、薬を使うということはピルを飲むことだと思います

正直、ピル等のホルモン剤を飲むのに抵抗があります。

夫がホルモン抑制剤飲んでいましたが(現在は医師の指示もあり中断中)

服用し始めた頃と、服用中止直後がものすごく辛いらしく

ずっと体がしんどいと言っていました。

ホルモン剤恐るべし…という恐怖があるので

できれば人工的な生理発生は避けたいところ

でも、先生が移植に必要と決断すれば従うしかなく…

ええ~やだなーと思っていたら、先生がカレンダーを確認し始め

「薬使って、早くて15日…そしたら…年末年始に当たるか

いや、2日少し早めに飲んで11日…13日には生理がきたとして…

あ、これも年末年始に当たるか…」とブツブツ言い出し

多分普段のペースだったら次回の生理は12/23頃なので

あの~順調に行けば次回の生理は12/23頃だと思うので

とりあえず次回は自然周期での生理を待って

それから、というのはどうでしょう?これだと年末には当たらないのでは?

すると先生は「あ、そうか…そうですね。じゃあそうしましょう」

とアッサリ(笑)

やっぱり生理が来て14日目の診察という前提があるのか

はたまた次回はホルモン調整しながらと言われているので

注射だか投薬だかを計算すると、

どっちにしろ生理10~14日目辺りに診察しないといけないんだろう。と

どっちみち移植に向けてホルモン調整するんだから

その前の段階で人工的にホルモン剤使って生理を誘発したくない!

なんか年末年始すごい体ダルそう!!

という心の奥底の願望が勝りました。

普段の時期だったらピル処方されちゃうんだろうけど

今回が年末でよかった

いや、良かったのか?移植のチャンスが延びちゃったのか?

先生は自分が提案したピル作戦が年末年始に阻まれてガッカリしたのか

「ああ~ごめんなさいね。色々言ったけど、今回は自然周期を待ちましょう」

と頭を抱えながら(ジェスチャー)言っていました。

この先生、今まで何度か診てもらったことがありますが(男性)

こういった頭の良い人独特の動きが面白くて好きです

偉そうにしてないし。時々頓珍漢なこと言うけど(笑)

夫も一緒に説明を聞いていましたが、部屋を後にした時

「あの先生おもしろい」と笑っていました。

 

今回排卵の状態とかで、次回の移植に向けて

もしかすると早ければ今日からホルモン剤投与とか注射とか始まる?

と思っていたので少し多めのお金(夫)と一緒に来院しましたが

結局卵巣の腫れが治まらないので再度持ち越しとなり

今回は特に処置なし。お支払いは診察費360円だけでした

拍子抜け…

でも採卵して2か月近く経つのに、まだ腫れてるんだ…

去年は採卵後胚凍結にまわせたのが1個だけだったのがショックで

移植を見送ることに決めたので、その後診察はしていませんでした。

さすがに1年も経てば卵巣の状態も回復しているでしょうから

採卵後のダメージというのを今回初めて知りました。

卵巣が腫れているとよくないホルモンが出ることも今回初めて知ったし

そのホルモンが一体何かは聞き忘れたけど

なので、移植は早くても来年頭になりそうです。

それまでに卵巣の状態を正常に戻しておかなきゃ

戻すって、でもどうすればいいんだろう?あっためるのかしら?

卵巣の腫れもホルモンが影響してるんだったら

外的療法ではどうにもならないか…

とりあえず、リミットが延びたのでダイエット頑張ります。

ホルモンバランスの乱れ

移植中止後初めての診察

説明を聞くだけかと思ったら、しっかり内診もありました。

エコーが入っていって見ると、以前もあったはずのブラックホールが…

おや?新しい卵子がもうできたの?

サイズは30.9mm

そして(多分)子宮のほうにもべちゃっとしたものが何かある

こちらのサイズは長いところで31mm

これが排卵された卵?楕円形で中にもう少し輪みたいなものが見えました。

よく子宮のイラストがあるけど、あんな感じ

はて、これは一体何ぞや…

 

診察室で移植中止の経緯説明

ホルモン結果を提示され「E2の値が少ないので今回は見送りでした」と説明

次回からはこの結果を踏まえて、ホルモン治療しながら移植に備えるそうです

なので今の段階では次の生理待ち

生理が来たら3日目までに1度受診に来るよう言われました。

で、先ほどの内診の結果…

「今回は排卵し損ねちゃったみたいで、まだ卵があります」

えーそうなの?だから30mmというデカいサイズなの?

なかなか排卵されない定評の私…排卵されなさすぎです。

これってちゃんと排卵されるのかしら…

「で、今までカルテを見ると特に記載はないんですが

排卵されたであろう卵らしきものが見えます」これが31mmのほうです

見逃してたけど実はもう1つ卵があって、そっちが排卵されたのかも?

若しくは採卵時の腫れの可能性もあるそうです。

腫れって…まだ腫れてるの?それを確かめるためにも次回内診が必要だそう

あとすごく気になるのが「ホルモン治療しながら移植に備える」という点

今回は自然周期での待機だったので内膜が自然に厚くなるのを待っていたけど

次回はきちんとホルモン投与しながら内膜の厚みを十分にしていく、と

ホルモン投与…もしやもしや、また注射生活ですか?

投薬?いや、即効性を狙うならやっぱり注射?

怖くて聞けなかった。まさか筋肉注射を毎日、なんて酷なことはないだろう

すごく気になったのでE2が少ないという点について質問

何が理由で低いんでしょうか?(デブ?まさかデブ?)

「何が理由…っていうと難しいんですが

前回採卵に備えて卵をたくさん作ろうとホルモンをすごく刺激したんですね

それで、今回は体がお休みの状態になってホルモンを少なくしてる

、ということもあるんです。明確な原因というのはわからないけどね」

なるほど…やっぱり採卵の影響か

そして「E2が少なくて見送り、というのはよくあることです」と説明あり

よかった…私だけじゃなかった。というかデブのせいじゃなかった

E2が少ないと移植できないんですか?着床しにくいとか?

「着床しにくいというのもあるでしょうが、

まず着床したとしてもホルモンが足りなくて育たないんです」

なるほど~ホルモンて大事なんですね。

夫も少しホルモン多いだけで精子に影響ありましたしね。。。

「胚を解凍する前にわかってよかったです」

確かにそうです。我々にとってはとても貴重な1個ですから

生理3日目までに再度受診すること、をもう一度念押しされた後

「なかなか生理が来ないな、という時も診察に来てください」

排卵されてないということは生理が来ない可能性高そう(私の意見です)

時々生理来なかったりするのはこれが原因なのかも?

あとはやっぱり急激に太ったりすると生理が来なかったりします

今、まさに急激に太っている状況にあります

これが原因で排卵されなかったんだろうか?

でも、排卵されてないならこの便秘の症状は一体?

排卵期だから便秘してるのかと思ってたのに

排卵されてないなら便秘との因果関係はなし?

よくわからないことが多すぎます。

とりあえず生理が来ないことには話しにならないので、静かに待ちます

移植延期

移植日が決まった翌日、センターから電話がありました。

もしやと思って電話に出ると、「今回の移植は見送り」と通達

ホルモン値が期待した数値ではなかったそうです。

今回は理想のホルモン値ではなかったので移植は一旦見送り

昨日薬局で処方されたホルモン剤もろもろは

次回から使えるのでそのまま保持し、11/11からの服用は中止

まさか本当にホルモン値異常で見送りというケースがあるとは思わず

万が一の確率かと思っていたのですが。。。

とりあえず11/15の移植は中止になったものの

次回までに一度診察に来て欲しいとのこと。

移植前の診察・つまり生理後14日目の診察とは別に

近いうちに一度センターを受診しないといけないそう。

培養士さんに「何か確認したい事項はありますか?」と聞かれ

ホルモン値が理想の数値じゃないって、具体的に高いのか低いのか?

気になったので聞いてみましたが

「その結果も一度先生から説明を受けてください」と

一番気になるのそこなんですけど…

予約次第になるので来週は無理かもしれないと告げると

「予約が取れた段階で結構です」と

見送りかぁ…もう15日休みますって早くも申請してしまった

しかも電話を受けるつい10分ほど前。もっと早く言ってくれ

まず、一番最初に思ったのは

あの筋肉注射は一体何だったの?打ち損じゃん!

つまり、次回移植前に再びあの痛みが訪れるということで…

もちろん血液採取も同日されてしまうわけで…

ヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダ

ホルモン注射高いのに!どうせなら結果出てから打ってよね!

と、その次に浮かぶのはどうしてホルモン値が引っかかってしまったのか?

考えられるのは…もうデブしかない。

デブだったから異常値になった?全てはデブのせい?

痩せなきゃ…移植ができない…ぐぬぬ

 

まだ先生の診断を受けていないので不明ですが

デブだと甲状腺ホルモンの影響で

ホルモン値が変化したりすることはあるものの

採卵した後のホルモンは一定ではないことが多いそうです。

つまり、デブが原因ではない?

先月たくさん卵を作りすぎたせいでホルモンが不安定になり

「移植に適したホルモン値」ではなくなってしまうそう

どうやら病院によってはホルモン値が理想でなくても

その後ホルモン剤投与したりして移植に備えるところもあるそうですが

私の通っているセンターではそういった操作はしないようです。

ホルモン異常だとせっかく移植しても流産してしまうんだとか

、、、が理由だったらいいなぁ

デブが原因だったら移植までにまずは減量指導されちゃう(かも)

とりあえず次回予約は11/16に取りましたが

先生からハッキリとした理由を聞くまで不安です。。。

 

移植前診察

11/7からオリモノが一気に増え、これは排卵が始まった証拠?

とドキマギしていました。

以前友人が排卵期はオリモノが多くなって血が混じることがある

と話していたのを思い出しました。

そしてこの日から急激に便秘が始まり…

ラストイボ退治から快便生活だったので非常に困る

普段生理と違って排卵日を意識することがなかったので

(不妊治療してる身でありながら無知すぎる?)

排卵の時ってこういう事があるんだーと初めて知りました

35年生きて来てはじめて排卵日の弊害を知る女

と、いうことは既に排卵されているということでは?

排卵されてたら今回移植はできないから、という先生の言葉を思い出す。

まあその時はその時だ。

でも感覚的に、まだ排卵前の体の変化であって排卵は起きてないだろう

と根拠のない安心感がありました

 

2017/11/9 移植前診察

この日もセンターで予約を取っていたにも関わらず

結局18:40まで待たされました。木曜は人が多いのかな?

内診が始まり、画面に映し出される卵さん

よかった。。。まだ排卵されてない。

さすがなかなか排卵されないことに定評がある私

測った数字は20.19と卵のサイズ自体は変化なし

子宮内膜の厚みは9.1mmでした。これは十分な厚みなのか?

先生からは「厚みも十分ですし、移植日は…11/15で良い?」

移植日は採卵と違って麻酔を使わないので、

仕事を休んだりと言う弊害はありません。

でもその日に合わせて役所や銀行に行こうと思っていたので

15日は休もうと決めました。…多分大丈夫なはず。無理でも風邪と言おう

と、同時に前回の血液検査の結果を渡されました。

感染症検査のために採取された血液です。あの自費検査(←恨み節)の結果です。

「ちょっとコレステロール値が高いかな…

まあHDLとかLDLを調べてないから

この結果だけだったら何とも言えないけど」と

え!コレステロール値がひっかかるなんて初めてなんですけど

というか、血液検査で何かの数値が引っかかるなんて生まれて初めてで

とっても動揺しました。え、え、と先生に言ってしまったかも

正常値が130~220のところ、230という数値

「まあ少し高いだけだし、とりあえず今のところは問題ないでしょう」

え、先生本当?これ高かったら何かあるの?太りすぎ?

そういえば採卵からこっち、好きなものを好きなだけ食べていました。

太っているという実感はありましたが、生理前だから仕方ないと諦めて

生理終わったらちょっと減量しなきゃ、と思いながら今日に至る

やっぱりデブのせい?デブが血液にも影響を及ぼしている?

あれこれ考えているうちに先生はどんどん説明を始め

「次回移植の時には必ずこの同意書持って来てください

これがなかったらその日は移植できない、ということも有り得ますから」

と凍結胚を解凍する同意書を手渡し

「この後ホルモン値を調べるために血液を採取します

一応今の段階では15日移植で予定組んでおくけど

もしホルモン値に引っかかれば移植は延期になります」

え、え、え…また血抜かれるの?前回の時に一度に抜いてよ!

あれよあれよという間に先生の説明は終了し

「あとはまたあっちで説明あるから。あと、今日はHCGも打つからね」と退室

ちょっと待って…HCGって採卵の時に打ったやつ?

あれ?待って待って、いやいや、筋肉注射だったのでは?

あれ?オビドレルに変更になったのでは?おやおや?

それは採卵前の夜に打つやつだから変更になったのか?

なんだ?

どうした?

筋肉注射か?筋肉な気がする!イヤだ!痛い!

 

次は培養士さんに呼ばれ個室へ

そこで初めて移植について具体的な説明を受けました。

移植日が11/15であること、この日は夕方16:20から移植開始となること

採卵と違って制限はないので午前中仕事をして来る人も多い事

などなど…

凍結胚は移植当日に融解にかかるので、

状態確認のために昼一度連絡するよう注意がありました。

融解した胚に何か変化があれば移植は中止となるそうです。

やっぱり凍結する際、融解する際にはそれぞれ卵に負荷がかかるそうです。

当日は16:20から移植開始するので15:50までには受付を終了すること

採卵と違って控室の準備はないため着替えができず

そのため必ずスカートで来るよう指摘がありました。

移植はどこでするんだろう?この診察室かな?

それとも上階の採卵した所と同じ場所?

でも採卵と同じ場所なら控室があるはずだから…と謎

また、移植の際にはエコーを当てながら見て行くので

そのためには尿が溜まっていないとエコーで子宮の状態が確認できないこと

かならず2、3時間前からトイレを我慢するよう注意書きも…

膀胱に尿が溜まっていればエコーで見やすいそうで

もし直前にトイレが我慢できず行ってしまった場合や

思うように尿が溜まっていなかった場合は、

尿道からあえて水を入れることもある、と…とっても痛そうな説明も

孵化補助法と胚移植用培養液についても最終確認があり

孵化補助法は受精する時の方法かと思ったんですが

どうやら移植の時に必要な技術だったみたいです

胚移植用培養液(ヒアルロン酸含有液)は申告が遅れたので

もう無理かと諦めていたので、ラッキー♪とお願いしました

これで移植の際+2万円が決定しました…

また、さっき採取した血液のホルモン値が規定値ではなかった場合

中止になることを再度忠告され、

都合でどうしても移植を中止する場合は前日までに連絡すること。が

注意書きに大きな文字で記されていました。

この後薬局で座薬が出るので11/11(土)の朝から服用すること

また、ホルモン剤も一緒に処方されるのでこれも11/11より服用開始とのこと

座薬…座薬なんて小さい頃熱が出た時以来使ったことないや

普段お尻用に軟膏注入してるから同じもんか、と思っていましたが

座薬は固形なので若干使い勝手が違いそう。不安です…

移植にあたって必要なので、身長と体重を記入するよう紙を渡されました

体重…つい先日量ったところ人生最重力級でした。

何かのために必要なんだろう。まさか麻酔ってことはないだろうけど

他の薬?体調管理?素直に申告。

この体重書いて多すぎるよ!と先生から怒られたりするのかしら

若しくは「体重が多すぎるので今回は移植見送り」とか?

最後に、何か質問は?と聞かれましたが特に思い浮かばず

そのままお礼を言って退室しようとして、ふと気づきました

そういえば前回排卵前に診察来るように言われ、

今回は内膜の厚みが理想だったのでスケジュールが決まりましたが

ではでは、一体今ある卵は排卵されるのか?

この前注射が下手な看護師さんからは回答を得られなかったので

詳しいであろう培養士さんに再度質問

答えはYES。排卵されてしまった後に移植を始めるそうです。

採卵の時にも見た図を使いながら説明してくれました。

前回採卵した卵は5日目の状態まで育てて凍結していること

身体をその状態に持って行くために、あえて黄体期の状態にするそうです。

排卵後5日目の体に仕上げて移植をする方法になるため

今現在ある卵が排卵されてからの話だそう。

なるほど~さすが培養士さん、説明がとてもわかりやすい。

もしホルモン値が理想の数値じゃなければセンターから連絡があるそうです。

あとナプキンも忘れずにと言われました。採卵でもないのに出血が?

どうやら念のためのナプキンだそうです。

出血する人もいるのであらかじめ持って来ておいてね、と

移植後も移植前も特に行動に制限はなく、普段通りの生活でOK

移植後にお風呂もOKだそうです。

「じゃあ次は採血と注射になりますので、中待合でまたお待ちください」

あの~ちなみにHCGというのは…「筋肉注射です」

やっぱり…もう地獄です

中待合で待っていたらすぐさま注射部屋から呼ばれ、恐る恐る入室

「まずは採血からですねーホルモン値検査のために採血しまーす」

HCGが気になって採血の痛み吹っ飛んでました

とりあえず「採血は左がベスト」だけ覚えてたので左腕を差し出す

痛い。やっぱり痛い。今採血してくれてる人は前回の下手とは違うけど

この人は大丈夫か?口調からベテランな感じはする。

でも、血が流れる気配がない=手先がまだ冷たくならない

まさか今日も両腕コース?と思っていたらスッと血の気が引く感覚。

と同時に指先が冷たくなっていきました。

よかった…どうやら取れてるらしい

採取が終わって次「じゃあ次はHCGですね。筋肉注射ですので肩出して下さい」

もう心はボッキリと折れています。筋肉注射の現実とてもシビア

この日は筋肉だとは思ってなかったので、ややピッタリ気味なトップスでした

「同じ腕でも、腕を変えても良いですよ」と言われたけどもう全部左にしました

ノロノロ服を脱ぎ、左半分だけヒートテック姿に

「肩の上のほうに注射するのでもう少し上まで上げてください」

桜吹雪みたいに完全に肩を出せば良かったんですが

もうまくり上げるしかできず。

この時点で腕がパンパンで、ヒートテックがこれ以上上がらない…

情けない…デブ本当に情けない

看護師さんが「もう少し上げてください」

と言うけど、これ以上まくれない。悲しい

「ここちょっと持っててくださいね」と急遽ヒートテックを右手で持ち上げる

この状態で筋肉注射するの?やだやだ怖いよー

と思うヒマもなくブッスリと刺さる針。痛い…

「ごめんなさいねーちょっと痛いです」いや、すごく痛い

刺さっただけならまだしも、薬が入る(多分)時ももっともーっと痛い

鬼のような形相で(顔は180度後方スタイル)思わず「いたた…」と声も出ます

「痛いですよねーもう少しですからね」

早く終わってくれー!!!

しかし針を抜く際看護師さんが微かに「あ」と言い

え、ちょっと待って何が起きたの?この痛すぎる腕に一体何か?

「ごめんなさいね、ちょっと針抜く時血管に触れてしまったみたいで

血が出ちゃったので少し抑えますね」と痛い左肩をぎゅーっと押してくる

痛いよ!なんで血が出るんだよ!

少し止血した後注射用のテープを貼ってくれましたが

どうやらまだ血が出ていたようで、

結局採血用の白いやつ(通常のやつより少し薄いタイプ)も上から貼られました

踏んだり蹴ったり…

「ここ痛いと思いますけど、筋肉注射なのでしっかり揉んでくださいね」と終了

痛い…ううう痛いよー

もう次はお会計とのこと。呆然とした状態で肩を一生懸命モミモミします

そういえば採血した所も抑えておかないといけないのでは…

いや、でもまずはホルモンを浸透させるほうが…

どのくらい揉めば良いのか聞くの忘れたなーと思いながらひたすら揉みました

しばらくしてようやくお会計

念のため少し多めに16,000円くらいもらっていました

が、お会計は前回の残と合わせてまたもや14,000円ほど

ええーちょっと待ってよ…これはホルモン注射のせい?

あ、血液検査のせい?

センターではカード支払いが一切できないので、全額現金でお支払い

点数表をもらって確認すると、

やっぱり前回は血液検査が自費なのでとてもお高い

感染症と血液の一定項目全て検査しているので、

合計12,000円くらいかかっていました。イタイ

今回の血液検査は自費欄で項目で確認すると1,000円くらい?

ホルモン注射がめちゃくちゃ高くて薬代等合わせて6,000円くらいでした

ホルモン剤ってやっぱりすごく高い。

この後は薬局でお薬待ち

薬もホルモンなのでお高いかも…万が一はカードを使おう

この日は薬が処方されるとは知らなかったのでお薬手帳を持参しておらず

他に飲んでる薬を確認されましたが、ありませんと回答

座薬の使い方について説明があり、必ず11/11の朝から使うこと

排便後に使用すること、と薬剤師さんが説明

…私朝に排便する習慣がないんですが。夜にしかしないんです

排便後が良ければ夜のほうが良いんですか?

「…むしろ好都合です。先生からは朝と指定ありますので、

そのまま入れてください」と…笑ってしまった

痔の薬で入れている軟膏と併用しても問題ないそうです

心配なようであれば膣に入れる方法もあるらしい。

でもその場合はちゃんと先生に確認取ってくださいね、と

膣に座薬なんて入れたくない。お尻に入れます

座薬入れて出勤って途中でトイレ行きそうになったらやだなー

11日から移植の15日まで毎日入れないといけないそうです

必ず入れてから30分~1時間は便意きても我慢してください、と注意あり

座薬入れたら行きたくなるのでは?その場合も我慢してください、と

なかなか厳しそうです。。。

ホルモン剤服用し始めたら、またバランス崩れて便秘になるのでは?

それだけが心配。環境に左右されない強い腸が欲しい

注射が恐い

2017/11/6 移植前診察

生理開始からきっちり14日後

この日も前回採卵の時にお世話になった先生の時間帯をあえて選んで予約

、にも関わらずいつまで経っても順番がこない…

18:30開始の診察で私の順番は1番だったにも関わらず

とうとう時間は19:20に…

やっと呼ばれたと思い、いやな予感

診察室に入り名前確認した後に「じゃあ先生変わります」と一言

またですか!!!!一体あの先生にはいつ会えるんでしょうか

もしかしたらじっくり診察・説明をしてくれる先生なのかも

だとしたら、やっぱりあの先生が良いんですけど…

今回も「先生代わりますけど良いですか?」の確認もなく

だって診察室入ってもうカギかけちゃったし

先生が遅いのは仕方ないとして説明して欲しい。とイライラ

前回は下半身すっぽんぽんで10分も待たされて地獄でしたが

この日は代診もあったのか(前回もそうだったけど)すぐ診察開始

なかなか排卵しないことに定評のある私ですので

どうせ14日目でもまだまだだろう、と期待はしていませんでした。

内診するエコー画面を見ていたら、きちんと卵が1つ

ブラックホールのように黒く映し出されていました。

サイズを先生が測ったのを見ると20.2

エッ!もう20mmもあるの?これってもう排卵されちゃう?

次に先生が内膜の厚さを測っていました。多分6㎜くらいだったと思います。

これって移植の時どうなるんだったっけ?

まさかもう翌日移植とかならないよね?とドキドキ…

しかし「内膜の厚みがちょっと薄いから

まだ移植のスケジュールが立てられません」と

どうやら9mmくらいないとダメらしいです。

水曜来れます?と聞かれたものの、その日は夜診がない日

この週はちょっと仕事が忙しく、

しかも水曜は同僚が休みを取っていたので無理。

ちょっと厳しいですと告げると

「う~ん…そう。排卵されちゃったらもう今期はダメなんですよ」と

そんなにすぐ排卵されそうな状態なんですか?

「卵の大きさが排卵には十分な20㎜だからね」今日明日にでも?

「まぁ明日ってことはないと思うけど、近いですね」

そうか…どうしよう。。。ていうか、採卵した後は排卵遅くなるって話では?

迷っていると「明日にしときます?」いや、でも明日も多分まだですよね?

「まあね」と先生。どっちですか!!!

結局排卵されてたら仕方ないけど、水曜はダメなので11/9に予約

なかなか排卵されないことに定評がある私ですので(しつこい)

多分大丈夫ではないかと思います。

この日はそれで終わりかと思いきや、もう一度看護師さんに呼ばれる

採卵前にいつも注射を打っていた部屋まで呼ばれます。

なぜこの部屋に?

「前回の感染症検査から1年経ってますので採血します」えー!!!!!

今日はこれで終わりと思ったのに血を抜かれるの?とショック

大きくため息をつきながら、さっさと取って帰ろうと入室

あまりにも突然の採血で同様していて、どっちの腕が取れやすいか失念

「いつもどっちから取ってます?」と聞かれ思い出せず

どっちに見えます?と両腕を差し出す

左腕をペシペシされて「一旦こっちでやってみますね」と看護師さん

採血の針って太いから痛いんだよな~…皮下注射も痛いけど

って注射は私には全部痛いけどね!!

いつも通り180度首を後ろに向けて待機

チクッとしますよと言われたけどブスーッと刺され

「いてててて!」となりましたが、看護師さんには見えないよう顔を歪めて我慢

…しかし、いくら待っても「はい、OKですよー」の声が聞こえてこない

むしろ、採血すると手の先から血の気が引いて冷たくなるのに

今日はその感覚すらない

おや?今日の私の血、ショックが大きすぎて勢いがないのかしら?

と思っていたら突如看護師さんが

「すみません、途中まで取れてたんですけど

急に血が出なくなっちゃったのでちょっと腕代えさせてもらいますね」

ええええええーーーーーーーーーナニソレ!嘘でしょ?

あまりにも愕然として「え、血が出ないんですか?」と

看護師さんに向き直ってしまい、腕に刺さった針を見てしまいました。

ギャー!!!!見てしまった!!!もう最悪

取れなかったらさっさと抜いて欲しいのに、なんだかモタモタして

なかなか針が抜ける気配がない。

え~まだなの?と思っていたらようやく針の抜ける感覚。痛い…

ちょっと反対側でもう1度やってみますね

こちら側5分くらいギュッと強く抑えていてくださいね

…無駄に針を刺されたのね。そしてここ抑えればいいのね

と、呆然と左腕に右手を添えると

「じゃあ今度右から取りますね」いやいや、左抑えてる時間ないし!

この時点でもう戦意喪失していますが、

チクッとしますよーの後相変わらずブッスー!と刺されました。

が。

…おや?また遅いんですけど!!また取れないの?

ついつい振り返りたい衝動に駆られましたが

また腕に刺さった針を見てしまうと

今度こそ気分悪くなって採血ストップになりそうだったのでグッと我慢

なかなかOKサインが出ないことに焦りはじめ

これが駄目だったら次は手の血管から取られる…と恐怖がじわり

頼むー!!血よ溢れてくれー!!と思った瞬間手先が冷たくなってきて

ようやく血が出ていることが実感できました。

こんな感覚初めて。血が抜けたらやっぱり冷たくなるんだな、と知りました。

いつもの倍くらい時間かかって「ハイおしまいでーす」と看護師さん

私の血管の調子が悪かったのか?とも思いましたが

どう考えてもこの看護師さんが下手だったようです

もう勘弁してよ…

なんで両腕に白い固いやつ貼られなきゃいけないの

 

f:id:kiriko66:20171112025047j:plain

 

とりあえず左右どっちも抑えることはできないので

腕を折り曲げてギュッとした状態で今後の説明を聞く

「次回の診察はこちらで予約取りますね」と言われ

呆然自失のままハイ、ハイとうなずいて退室

の、前に気になっていたことを質問

先生は「排卵されてしまったら移植できないから」と言っていたけど

じゃあ排卵される前にまた診察に来て、そうすると今ある卵はどうなるのか?

排卵前に移植するの?そしたら卵は残ったままなの?

今ある卵って排卵されないんですか?と聞くと

「…どうなんですかね?すみません、私もよくわかってなくて

そういえばそうですね。どうなるんだろう」

わからんのかい!!!!!

どうやらこの看護師さんはセンター付きの方ではないよう?

センターの前に婦人科があるので、もしかしたら研修とか

シフトとか、ヘルプとかで急遽こっちに来た看護師さんなのかも

若しくはこのセンターは人の出入りが激しく、全くの新人かも(←有力説)

と色々想像しました。

もう彼女に詳しい質問をすることは諦め、お礼を言って終了

お会計を待っている時に胚凍結の同意書を忘れたことに気付く

どうしよう…でももう凍結されてるよね?

あれ?前回提出したんだっけ?どうだったっけ?覚えてない…

受付で言われたら忘れたと謝ろう、とお支払いへ

夫からは「診察だけだし」ととりあえず1万円預かっていましたが

なんとお会計が14,000円もしました。え!なんでそんなかかるの?

スミマセン…1万円しかないんですがと申告すると

「一部だけでも入金は可能ですか?」ととりあえず1万円だけお支払い

何にそんなお金がかかったのか疑問なので、後で点数を確認しようとしたら

「今回これだけお支払い頂いたので、残りはまた次回お願いします」

と預かり証だけしかもらえませんでした。

それもそうか。全額支払わないと点数はもらえないのね

多分血液検査したからだと思うんですが、なんであんなにかかるの?

感染症って何の検査?

こういうのは健康診断でもないから全て自費ってこと?

移植の時にももちろん別途費用がかかるはずで

なんか採卵だけでもかなりの金額支払ったのに

一体移植完了までいくらかかるんだろう?

スッカラカンになった財布と疑問を抱えて帰路につきました

ラストイボ -ゴム輪結紮術のプロー

2017/10/23

採卵後初の生理が来ました。と、同時に14日後の病院を予約

するとお尻治したい欲求がまた沸いてきて、急遽最後のイボ退治へ

あの腹痛というか肛門痛は子宮内膜症の可能性が高いとわかったものの

だからと言ってこのまま消化器科通いをやめるつもりはなく

これだけ通ったんだから、徹底的に治してやる!と燃えます

キレイな肛門になって移植を迎えてやるんだ!と

この日は台風が来ていたこともあり、街中が閑散としていました。

出勤の電車内もガラガラでしたが、この余波は病院にまでも

中心街にお尻の病院があるので、恐らく出勤できなかった人々が通院せず

この日の空き具合は通院しだして初!くらいでした

それでも待つと言われたため、とりあえず一旦帰宅。

いつもだったら19:30頃に一度電話するよう言われるのですが

この日は19:00前には連絡ください、と

それでも待合室はそれなりの人だったので、

早くてもどうせ19:30頃だろうと高を括っていたのですが…

私の予想を上回る患者数の少なさだったようで19:00前に病院から電話

「もうあと5人くらいですので今すぐ戻ってきてください」と催促

ちなみに私が最後なので本当に早く戻って来て欲しいそうです。

看護師さん達もみんな早く帰りたいのね…

あと20分はかかると告げて慌てて夫に送ってもらいました。

あの様子だと恐らく10分もしないうちに私の番になるのではと思い

念のため夫を下に待機させて(批難轟々でした)

病院に入ると待合室には2人のみ

しかもそのうち1人はお会計待ちでしたので、あと2人で私の番

ギリギリセーフ…

前の2人はどうやら術後観察だったようで、2人とも2分もせず出て来て

あっという間に私の番でした。この時で19:20頃

 

生理中だったので血がやや心配ではありましたが

前回申告した時には「気にしないでくださいね」

と言われたまま何も処置されなかったので、もう申告せず

下着を脱いで横向きになった所で看護師さんが

「少し腰を浮かせてください。下にガーゼ入ります」と…

パンツ脱いだ時にナプキン見えたのかしら?

一瞬「あれ?イボじゃなくてスキンタグ切る気か?」と焦り

「しまった!イボ取ってくださいって言ってないから、スキンタグになる!

スキンタグへの心の準備全くできてない!痛いのやだ!」と焦りまくり

看護師さんに「え!今日ってイボですよね?皮は次回ですよね?」と確認

そこで先生が入ってきて

「今日はもうこの時間だから皮はまた次回ね。

別に今日取ってしまってもいいけど、その後は

横になっててもらわないといけないから、留守番してもらわなきゃ

僕達はいいんですよ、帰るから。留守番がいれば僕達も助かるしね。

だから一晩ここに泊まってもらうなら皮取りますよ」

と、謎の勧誘が…

イエ、結構です…。どうやら先生、台風のお陰で早く帰れるから嬉しそう

こんな軽口飛び出る人とは思ってなかったので、ついつい笑いもこぼれます

機嫌が良ければ普通の良い先生なんじゃん。と変なところで実感

やっぱりお尻の下に敷かれたガーゼは生理用だったようです。

ナプキン見えてたのね。。。というか、下着脱ぐとこしっかり見てるのね…

 

いつも通りお尻の中を少し広げる機械でグッとした気持ちになり

今後訪れるであろう痛みに備えて診察代を握り締め

先生が内診しながら「じゃあ最後のこれね、ゴムかけますからね」

と言った後ボソッと「あれ、大きいな…」と言ったのを聞き逃さなかった

え?この前は小さいと言っていたのに、大きくなってるの?

不安になる。不安が募る。大きいと…痛いのでは?

ぎゅーっと診察台を握る手に力が入りましたが、今回はあっけなく終了

今までで一番何も感じなかった輪ゴムかけでした。

少し内部に引っ張られる感覚はあるものの、かける瞬間も全く痛くなかったし

エ、これで終わったの?と拍子抜けしてしまいました。

いつも通り先生は処置後「痛くしてごめんね、終わりましたから」

と言ってくれましたが、今回は痛み皆無。

さすがに4回目ともなると、私はゴム輪結紮術のプロです。

初回に痛いの経験してるから、もうどーんと来い。な気分です。

台風だし先生たちも早く帰りたいだろう、とテキパキ着替えて

内診後の隣の部屋でも先生の前に座らず立ったまま話し

「じゃ、これで全部終わりね。あと皮はいつでも良い時来てくれればいいから

もう中のイボは時間経つと小さくなるから来院の必要もありません。

これでもうなーんにもなくなったからね」とお墨付き

一応イボが大きくなったという言葉が心配だったので

「前回診てもらった時より大きくなったんですか?」と聞くと

「まあ少しは大きくなったけど、今までの3つがすごく大きかったから

今回のはその奥に隠れてた最後の1個だから、前のに比べると

全然大きくないよ。小さいもんだよ。だから心配しなくてもこれで終わり」

…多少は大きくなってたんだ。ま、いいか、これで終わりだし。

痛くもなかったし、早く終わったし。私の心も浮足立っていました。

そのままお礼を言って退室しようとした所先生が

「薬はまだあるね?いらないね?」と確認

マグミット錠のことです。まだまだ大量にあります。が、

「あ、軟膏がもうないです!」「OK!出しておきます!」

もう先生の浮足立った様子は私以上でした(笑)。ヘイヘイ!という感じで終了

これで移植を無事迎えられる。

 

今回トイレは処置前に出しておきたかったけど、

意外と早く診察時間が到来したのでトイレに行けずじまい。

今日は我慢するべきか?

確か3時間は輪をかけておかないといけなかったよね?

じゃあ23時頃にトイレ行ってみる?

もう便秘が恐いのでできるだけ出しておきたい…

なんだかお尻は痛くなかったのですが、

治療の前に軟膏?か痛み止め?の薬を入れるようで

それ以降お腹が痛くなってきて…

帰宅途中にはものすごく痛くなっていて、明らかに下す予感

夫には「3時間は我慢するんでしょ?ゴム取れちゃうよ」

と言われたので一回は我慢しようと思ったんですけど…

ついに腹痛がピークになってしまい、「もう無理―!!」とトイレへGO!

何が起きたのかわからないくらいお腹を下しました。

薬のせい?それとも気温の変化でまた風邪ひいた?

お昼何か悪い物でも食べた?あれこれ考えるものの謎です

とりあえずゴムは取れてない…と思います。

前回まではゴムかけた後怖くてトイレに行けず

それがさらに便を固くして、スキンタグの原因を作っていたようです。

ゴムかけた後の肛門は多かれ少なかれ腫れますし…

4回目だからこそわかるカラクリ

トイレは我慢してはいけない!

私は体質なのか、それとも世間一般そうなのか不明ですが

下痢をした後必ず便秘してしまいます。ビオフェルミン飲んでもないのに

なのでこの日の反動で翌日から再び便秘してしまうのでは、とそれも恐怖

翌日はなんとかトイレに行ってみましたがやっぱり出なかった…

これで便秘サイクルに逆戻りしたらどうしよう?

またイボできちゃうのかしら?

この日はお昼ちゃんとマグミット錠を飲もうと思ってたのに

あれこれしてるうちに忘れてしまい、薬を飲んだのは夕食後でした。

でも、やっぱり出ない…どうしよう…

 

翌日。ゴム輪結紮術3日目

この日も便意なし。マグミット錠をお昼に飲んで、心配なので夜も飲んで

ちょっとだけトイレで頑張ってみると少しだけ出ました。

でも、まだまだ余地がある。。。こうやってるうちに便が固くなってしまう!

もう私の心配はいかに便を固くさせないよう生活するかに変わってきています

 

翌日。ゴム輪結紮術4日目。職場で再び腹痛

あれ?またお腹壊した?若しくは便秘のせい?

蘇る以前のゴム輪手術後の肛門の苦しみ…

あの時も職場で脂汗かきながら苦しんだ。もしや今回も?

家に帰るまで我慢したかったけど、耐えられずトイレへ

すると少し苦しんだもののけっこう出ました。良かった…

流す前にチラッと見たらゼリー状の血が一緒に出ていました

と、その近くに黒いゴムが

やったー!ゴムも一緒に取れたー!

ゴムが取れたということはイボも去ったということ

これで私は晴れてイボの呪縛から解き放たれました!

突起物のないキレイな肛門を手に入れた。感無量

そして、この日以来快便生活です。

少しでも出なかったりすると恐怖観念があるので

とにかく少しだけでも良いから出そう、といきまずトイレトレーニング

物心ついてから、生まれて初めて快便生活を送っているかも

1週間も出なかった日々があるなんて信じられない!

もうあの頃には戻りたくない!

青汁効果もあり、今のところ術後以降問題ない日々を送れています

肛門通は痔が原因ではなかったと判明した矢先のことで

あの内臓を突き抜けるような痛みは今後もなくならないと思うと憂鬱ですが

とりあえず人知れず抱えていた痔をクリーンにできた。

無事妊娠して出産すればどうせ痔になってしまうとはいえ

少しの間でもクリーン肛門を手に入れたことを喜びたいと思います。

これでいつでも移植できる!

子宮内膜症?

2017/10/20 採卵後初の診察

予約も取っていたし、腫れてませんねーくらいで終わるだろうし

予約の段階で3人目だったので長くかかると思っていなかったのですが

どうやら予約していた医師のところで何かトラブル発生したようで…

結局呼ばれたのが19:30頃。

その後10分ほど待たされた挙句「医師が変わります」と診察室へ…

えー!あの先生が良かったからわざわざこの日に予約取ったのに!!

しかし看護師さんは前回のように「他の先生に変更でも良いですか?」

と許可を取るでもなく「先生が変わります」と一言だけ言い残し去りました。

待ちくたびれていたので仕方ない、と下半身すっぽんぽんで診察台へ

タオルだけかけてあの特殊な椅子に座って待っていますが

待てど暮らせど名前も呼ばれず、誰も来ない…

あの~…私の存在誰か知ってますか?

結局10分くらいは待たされました。おかげで鼻水ズルズル出てきました。

風邪ぶり返さなければ良いけど…

診察自体は簡単に「腫れてる感じあります?」あんまり実感はないです

生理痛みたいな痛みはありますけど、前回に比べればさほど。

「まぁ言っても採卵してるから腫れてるのは腫れてますけどね。ハハッ」

で終了。

診察室にもすぐ入るかと思いきや2人くらい待っていて

結局ここでも呼ばれるのに10分くらいかかりました。

人当たりの良い柔らかい感じの先生でした。けど何か軽い

採卵前に採取した血液の結果を渡されて

「E2っていう数値が、通常の生理の時の排卵は300くらいなのね

でもこの数値は3180くらい。つまり10倍だね

そりゃお腹も腫れるし痛くもなりますよ。人工的に卵増やしてるからね

でも大丈夫、腹水もそんなにないし(それでもあるんだ!)問題ないです」

ふ~ん…今回は本当に自覚なし。生理痛みたいな下腹部痛だけ

前回はこんな痛みじゃなかったから、実感わかないな。

「で、今回の結果を踏まえて移植はどうしますか?」と言われ…

夫との話し合いではとりあえず今回は移植しようかと言っていましたが

それでもやっぱり迷ってしまう…

「個人的にはそろそろ移植をとも思っていますが、やっぱり数が少ないので…」

「そうですね~お気持ちはわかりますよ。

でも1度移植してみても良いと思いますよ?」と先生。

だよね~…凍結胚が無事着床する確率は40%ないワケだし

今回の移植でまた新たな問題点見つかるかもしれないしね

「まあいつまでも凍結胚を置いとくわけにもいかないですし」

「置いといて悪くなるものじゃないからね。凍結してるし

ただ期限があるからね~…場合によっては凍結延長もできるけど

あまり延長はする人いないかな?取れる数が少ない人だったらあるけどね」

まさに我々夫婦は少ないと思いますけど?

卵の年齢とか色々考えてみたけど、やっぱり着床率の低下など

高齢化が進むと色々問題も増えてくるので、とりあえず移植することに

今回は採卵してるので次の生理が始まっても排卵が遅くなると思う、

と医師から前置きがあったものの

やっぱり排卵されちゃったら困るので、早めに設定して

生理14日目に受診してください。と説明

私の生理周期はあまり安定しておらず、31~33日だったりするので

まず14日目には排卵されることはない。とも思いつつ

とりあえず14日目に受診することに。未だに生理来ないけど大丈夫か?

他に何か気になる点は?と先生に聞かれ

つい最近気になったことを質問することに…

 

事の起こりは3日ほど前。職場であまりにもお尻が痛いので調べてみました

なぜ痔のイボを取ったはずなのに採卵の時あんなに激痛だったのか?

そして未だにズーン!と肛門から内臓にかけて

突き刺さるような痛みが未だに頻発するのか?

ズーンの数は減っているものの、肛門に爆弾を抱えたような

重い何かが常にありました。

こうなるとだんだん私も「痔ではないのでは?もしや直腸?」

と心配になり、生まれて初めてこの痛みについて検索をかけました

すると最初に出て来たのが「モニカ病」。なに!モニカって!(笑)

どうやら星野源氏が(勝手に)命名したようですが

どうやら「突発性肛門痛」では?と言われているようです

夜中にお尻の中がつる筋肉の収縮による痛みだそうで

その痛みがモニカを唄う吉川晃司氏のポーズにそっくりなため

星野氏がそう名付けたそうです。ナニソレ…

でも確かにモニカと聞いたらあのポーズを真っ先に思い出し

どんな体制になるのか容易に想像できましたけど(笑)

夜中に起きることが多いそうです。

読んでいると、これのようなこれじゃないような…

そしてもう一つヒットしたのが「子宮内膜症」でした

私の世代ではあややが病名を公表したことで存在は知っていましたが

どんな痛みがあるのかまでは知りませんでした。

治療法は妊娠・出産である、と聞いたことがあるのですが

どうやら私の症状はこれではないか?

てっきりお尻だと思っていたけど、内部まで突き上げるような痛みは

子宮内膜の組織が子宮内膜以外にできてしまったものだそうです。

???よくわかりません。

子宮内に溜まった血が外に出されず内部に溜まり続けると血種となり

他の臓器と癒着したりもするそうです。

そうなると癒着した部分に痛みを感じたりするのだとか

そもそも痔とは肛門の出口付近にできるものなので

痛いのは肛門付近だけなんだとか。

それ以外の内部で感じる痛みは、女性の場合子宮内膜症を疑え

等々出て来て青くなりました。。。

しかも子宮内膜症は妊娠しにくいと言われている!

癒着する部分は人それぞれなので(つまりどこでもひっつく可能性あり)

痛みを感じる部分も人それぞれ

性交痛も伴う。と書いてありました

生理痛は確かにひどい。でも2日目くらいまで?

薬飲めば治まる。確かに高校生くらいから発症して、

薬を飲み出したのはここ10年くらい。。。痛みは増加してるかも?

性交痛についてはここ2年ほど完全にセックスレスなので不明!

これって…どうすれば良いの?

婦人科を受診しよう、とあるけど、センターでも大丈夫なの?

えーヤダ!ナニコレ!

 

…という検索結果を踏まえての質問です。

「あの~採卵後のガーゼを入れる時ものすごい痛みがあって

去年もそれを感じたので痔かと思って治したんですが

また今年も治したはずなのに痛くて…」

「ガーゼを入れる時は痛いんですよ」

いや、傷が痛いとかじゃなく完全に肛門にズキズキっとくる鈍痛なんです

鈍痛とか言いながらズキズキなので鋭痛ですけど

ネットで見ただけの情報を先生に言うのは失礼ですが

子宮内膜症とか…違いますか?

「う~ん…見た限り痔の症状はないですよ」え!ないの??私の苦労は一体!

子宮内膜症もねぇ…生理の時とか全く同じ場所が痛むなら可能性はあります」

生理痛とあのお尻の鈍痛は違うような…

だって生理痛は完全に下腹部が痛いでしょ?

「でも、仮にあったとしても軽いはずですよ。

そんなに緊急で処置が必要な状態ではありません」

え、あるの?ないの?ドッチ???

「これって不妊の原因にもなるんですよね?治療の方法は…」

子宮内膜症の治療というと、どうしても妊娠させない治療になるんですよ

ピルを飲んでコントロールするという方法しかないから

そう考えると、もう早く移植して妊娠したほうが。というのが最善ですね」

そうなの???本当に???

とりあえず痔ではなかったということがわかり衝撃ですが

子宮内膜症の可能性はあると言われてこれも衝撃でした。

要はしっかり調べてないのでなんとも言えないけど

診ている限りでは重症化してないのできにするほどでもない。と

とりあえず生理開始後14日目を頭に叩き込んでその日は終了

実は凍結胚の費用を支払わないといけなかったのですが

家を出る時同意書に夫の署名がないことに気付きました。

故に同意書を持って来ていない…

同意書ないと凍結料払えないんだっけ?受付で聞いてみると

費用は先に支払わないといけないそうです。同意書は例え後であっても

まぁそうですよね。もう凍結しちゃってるんだから

同意書は次の診察の時に持ってきてください、で終了

本日の診察代も併せて35,000円ほどでした

内訳を見ていないので凍結代はいくらだったんだろう?不明です

帰宅してもう一度子宮内膜症について調べてみましたが

不妊の場合の治療法としては体外受精等と記述があり

あらまあ我が家の場合は夫の状態が理由で既に体外受精治療行っています。

つまり既に内膜症だった場合の不妊対策も一緒にしていたわけですね。

なーんだ、じゃあ問題ないや。着床に問題あるかと思ってたよ。

 

しかし、本当に衝撃でした

中学生?か高校生くらいから悩まされていたあのズキーン!は

今の今までずっと痔だと思っていたわけです。自覚症状もありますし

それが実は痔ではなかったという…目から鱗

じゃあ今まで私が一生懸命戦ってきた肛門痛は?

無駄にお尻にスキンタグを作ったこの怒りの矛先は?

あと1つ最後に残ったイボは?

あれこれあれこれ考えがめぐる…

というか、この痛みについて何で今まで検索しようとしなかったのか

自分の愚かさが憎いです。無知って本当に愚か

ま、突発性肛門痛の可能性もあるかもしれないので、まだ何とも…

実は最後に残ったイボが悪さをしてるかもしれないし(可能性はとても低い)